協会けんぽ生活習慣病予防健診
・一般健診
診察や尿、血液を採取しての検査,胸や胃のレントゲン検査などの全般的な検査を行ないます。
40歳以上である被保険者、ならびに生活習慣の改善指導を受けることを希望される35〜39歳の被保険者。
 検査項目  診察など  診察・問診・触診・身長・体重・標準体重・BMI
 眼科・聴力系検査  視力検査・聴力検査
 尿検査  定性(蛋白・糖・潜血)
 循環器系検査  血圧測定・安静時心電図検査
 呼吸器系検査  胸部X線検査
 上部・下部消化管検査等  便潜血検査(免疫2回法)・胃部X線検査




 血液一般  赤血球数・白血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット)
 肝機能  GOT・GPT・γ-GTP・ALP
 脂質  総コレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪
 代謝系  空腹時血糖・尿酸
 腎機能  クレアチニン


・付加健診
一般健診と併せて受診することで、さらに充実した検査内容となります。
一般健診を受診する方のうち、当該年度において、40歳および50歳の方。
尿沈査顕微鏡検査、血液学的検査(血小板数・末梢血液像)、生化学的検査(総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・アミラーゼ・LDH)、
眼底カメラ検査、肺機能検査、腹部超音波検査


・乳がん・子宮頸がん検診
一般健診と併せての受診となります。
一般健診を受診する方のうち、40歳以上の偶数年齢の女性の方。
乳がん検診は、問診・視診・触診・乳房マンモグラフィ検査。
子宮がん検診は、問診・細胞診


・子宮頸がん検診
子宮細胞診(スメア式)による子宮頚がん検査を行ないます。
20歳〜38歳の偶数年齢の女性の方。
問診・細胞診


・肝炎ウィルス検査
この検査は、プライバシーに配慮して、ご本人の直接申し込みによって行なうものです。
別途、申込書の提出が必要になります。次の@〜Cに該当する方。
 @一般健診を受診する方で、年齢(35歳・40歳・45歳等、5歳きざみ)に該当する方。
 A一般健診を受診する方で、広範な外科的処置を受けたり妊娠・分娩で多量に出血がある方。
 B一般健診を受診した方で、GPT値が36以上であった方。
 C一般健診を受診した方で、過去に肝機能異常の指摘を受けたことのある方。
ただし、過去にC型肝炎ウィルス検査を受けたことがある方を除く。
HCV抗体検査・HBs抗原検査